学生支援

学生支援の一環で某大学の2年生の女子学生が3週間のインターンシップでJSN東京に来てくれている。

昨日、昼休みに彼女と少し話しをさせてもらった。とても爽やかでこちらを笑顔にさせてくれる楽しい時間だった。

大学1年生の時に発達障害と診断され「やったー 良かった!」と思ったらしい。幼少期(保育所時代)から他の子と違うと感じていて、中学時代に書籍やネットで発達障害の事を調べて、自分は発達障害だと確信していたらしい。いろんな感情があったようだ。感覚過敏で小さな音も拾ってしまうが、特性としてそれを生かす環境を自分で作ったりして、自己肯定感を下げない工夫をしていたり、思わず頷いてしまう話しがいろいろ。

私の脳は特に青色に反応するんですと言うと、間髪入れずに「私もです」と返ってきて、2人で思わずニッコリ。

発達障害と診断されて落ち込む人と喜んだ自分との違いは何?の答えが最高。
自分は素晴らしい人と出会ってきた。グルメで言うとA級グルメの人達に出会ってきたからだと思うとの事。

将来は対人援助の仕事がしたい。インターンシップをして間もないが支援者としての仕事がしたいと思っているらしい。

学生向け出前講座では是非、語り部として登壇してもらおう。

働き続けるを応援する
大阪精神障害者就労支援ネットワーク
JSN
金塚たかし

npojsn * - * 14:56 * - * -

学生支援

学生支援の一環で某大学の2年生の女子学生が3週間のインターンシップでJSN東京に来てくれている。

昨日、昼休みに彼女と少し話しをさせてもらった。とても爽やかでこちらを笑顔にさせてくれる楽しい時間だった。

大学1年生の時に発達障害と診断され「やったー 良かった!」と思ったらしい。幼少期(保育所時代)から他の子と違うと感じていて、中学時代に書籍やネットで発達障害の事を調べて、自分は発達障害だと確信していたらしい。いろんな感情があったようだ。感覚過敏で小さな音も拾ってしまうが、特性としてそれを生かす環境を自分で作ったりして、自己肯定感を下げない工夫をしていたり、思わず頷いてしまう話しがいろいろ。

私の脳は特に青色に反応するんですと言うと、間髪入れずに「私もです」と返ってきて、2人で思わずニッコリ。

発達障害と診断されて落ち込む人と喜んだ自分との違いは何?の答えが最高。
自分は素晴らしい人と出会ってきた。グルメで言うとA級グルメの人達に出会ってきたからだと思うとの事。

将来は対人援助の仕事がしたい。インターンシップをして間もないが支援者としての仕事がしたいと思っているらしい。

学生向け出前講座では是非、語り部として登壇してもらおう。

働き続けるを応援する
大阪精神障害者就労支援ネットワーク
JSN
金塚たかし

npojsn * - * 12:03 * - * -

所長合宿

1月に10年ぶりに高校時代の友人と酒を飲み、昨日は数年ぶりの知人と会い、来月もまた、10数年ぶりに先輩と会う。今年は再会の一年になるんだろうか。


先週末の所長合宿で、今年度事業報告と来年度計画、5ヶ年計画の確認をし、来年度人事体制を発表した。合宿場所は毎年、滋賀県で実施していたが、今年は大阪市内に場所を移して1泊2日で実施した。日頃、所長達とゆっくり時間を過ごす事が少ないが、飲み会も合わせて意見交換が出来て良かった。


今年の合宿を通して所長達の成長と安心感、そして感謝を感じた。


働き続けるを応援する

大阪精神障害者就労支援ネットワーク

JSN

金塚たかし


npojsn * - * 09:27 * - * -

手帳未所持者

大阪市障害者就業・生活支援センターの運営会議に参加。今年の特徴的な傾向として障害者手帳を所持しない人の相談が倍以上に増えているとのこと。

 

大学の学生支援室や発達障害者支援室のスタッフから話を聞くと、各大学により就学支援、就労支援と課題はそれぞれ違いがある様子。

いろいろな課題の中に、クローズで就労して就労継続できない人。就職してから鬱を発症する人など、手帳を取らずに就職してからの課題が、シュウポツの相談件数の増加の一つであるのかもしれない。

 

今まであまり表面化しなかった課題がであるが、今後、大学だけではなく高等学校の学生さんや先生に対しての支援の必要性が出てくる。

先駆的に学生支援をされている支援機関や団体を含め、今後、益々必要性が高くなってくるであろうこの課題に、行政も一緒に取り組まなければならない大きな社会課題である。

 

JSNも3年前から学生支援に取り組んでおり、複数の大学と意見交換しながら、座学やインターンシップを学生に提供しているが、来年度はさらに充実させていきたい。

 

働き続けるを応援する

大阪精神障害者就労支援ネットワーク

JSN

金塚たかし

npojsn * - * 08:07 * - * -

公務員試験

一昨日、国家公務員 障害者選考1次試験が実施された。

約600人の募集に対して約8000人が応募されていたらしい。

身体障害が約40%

精神障害が約60%

知的障害が数%

 

在職で試験を受けている人も相当数おられるようで、今後、雇用管理の問題等を含め現場の混乱が安易に予想される。

 

ある支援機関が現在、在職中の人達に公務員試験を受けないのか?て聞いたところ、身分保証や給与には魅力があるが、どのような仕事内容かどんな配慮があるかもわからない上に、支援機関が入らない中での転職は考えられないと言われていたとのこと。

 

働き続けるを応援する

大阪精神障害者就労支援ネットワーク

JSN

金塚たかし

npojsn * - * 11:17 * - * -
このページの先頭へ